屋久島へ行く時期はいつがいい?

ベストシーズンはいつですか?っと聞かれたら…。私は「年中」と答えています♪

春の屋久島は植物好きの方にオススメ!里も森も花でいっぱいになります。
特に白谷雲水峡の太鼓岩からは山桜を見下ろすことができ、山がピンク色に染まっています。
ですがら4月の初めは木の芽流しと言って新緑がでる季節は
結構雨が多いです。ゴールデンウィークは人でいっぱいなので、ゴールデンウィーク
直後から5月下旬までが天気も安定していてオススメです。

6月から7月10日ごろまでは梅雨!に入ります。毎日雨、雨、雨。
この時期は雨具は必ず使います!
日によって、強い雨だったり、弱い雨だったり、たまに晴れたり、雨上がり
大きな虹をいくつもみれたり。
虹の屋久島とも言われています。梅雨時期はお客様も少なくなるので宿の
料金も下り、飛行機代も格安になったり。

ですが、6月の飛行機は雨と霧で滑走路が見えなくなる為、
欠航があいつぎますのでその点注意です。
海亀の産卵を見たい方は5月下旬から7月いっぱいが産卵シーズンになります。

亀は雨なんて関係ありまさんので、永田いなか浜という砂浜に、
ワンシーズンで5000頭の亀が上陸します。
ウミガメ産卵見学会は予約制になっていて係員さんの指示のもと
目の前でウミガメの産卵を見ることができます。

卵が孵化するのが60日前後なので、7月下旬に見学会に参加した方は
親亀の産卵をジーっと見ていたら足元が
ムズムズして、見て見たら子亀がでてきたー!って事もあります。

夏の屋久島の子供達は毎日、海!川!海!川!の繰り返し♪
この季節は家族連れのお客様で賑わいます。
海水浴場は三ヶ所。ダイビングも人気ですがシューノーケリングでも充分楽しめます。
 ニモやウミガメに会えるかも!?

秋は台風にさえ合わなければ秋晴れの空のもと観光できます。
近頃の台風は秋だけではなく、夏でもやってきます
からこれはタイミングです。屋久島の山は常緑樹のかたまりなので
紅葉はほとんどないですが、
11月が一年で1番雨が少ないといわれ、宮之浦岳登山に行く
お客様や山小屋に泊まって縦走する方達が多くなります。

冬の屋久島はというと、観光のお客様がぐっと少なくなります。
山は雪が降ると通行止で行けないことも。
ですが、12月からお正月過ぎまでは暖かく、人も少ないのでいつもは
忙しいお店の定員さん達ともゆっくり
おしゃべりができ、第一町人から美味しいみかんをもらうことも。

屋久島の特産品がタンカンというみかんなので冬はあちこちで
タンカンをお土産にもらうことができます。

リピーターの方は春夏秋冬季節を変えてくる方も多いようです。
初めての方には天候が安定している5月か11月がオススメかもしれません。

目的に合わせて季節を選んでみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です